MENU

2.5次元の誘惑 感想【ネタバレ注意】

【感想】2.5次元の誘惑 ブログ用アイキャッチ画像

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

この記事はで読むことができます。

書名:2.5次元の誘惑

著者:橋本悠

発行所:集英社

  • 1:初版発行2019年10月4日 / デジタル版発行2019年
  • 2:初版発行2020年1月4日 / デジタル版発行2020年
  • 3:初版発行2020年2月4日 / デジタル版発行2020年
  • 4:初版発行2020年5月13日 / デジタル版発行2020年
  • 5:初版発行2020年7月13日 / デジタル版発行2020年
  • 6:初版発行2020年9月4日 / デジタル版発行2020年
  • 7:初版発行2020年12月4日 / デジタル版発行2020年
  • 8:初版発行2021年2月4日 / デジタル版発行2021年
  • 9:初版発行2021年4月2日 / デジタル版発行2021年
  • 10:初版発行2021年7月2日 / デジタル版発行2021年
  • 11:初版発行2021年10月4日 / デジタル版発行2021年
  • 12:初版発行2022年12月3日 / デジタル版発行2022年
  • 13:初版発行2022年3月4日 / デジタル版発行2022年
  • 14:初版発行2022年7月4日 / デジタル版発行2022年
  • 15:初版発行2022年10月4日 / デジタル版発行2022年
  • 16:初版発行2023年1月4日 / デジタル版発行2023年
  • 17:初版発行2023年5月2日 / デジタル版発行2023年
  • 18:初版発行2023年9月4日 / デジタル版発行2023年
  • 19:初版発行2024年1月4日 / デジタル版発行2024年
  • 20:初版発行2024年7月4日 / デジタル版発行2024年
  • 【 電子書籍(白黒)/ 紙書籍 / 電子書籍(セミカラー)】
  • 1:627円 / 660円 / 737円
  • 2:627円 / 660円 / 737円
  • 3:627円 / 660円 / 737円
  • 4:627円 / 660円 / 737円
  • 5:627円 / 660円 / 737円
  • 6:627円 / 660円 / 737円
  • 7:627円 / 660円 / 737円
  • 8:627円 / 660円 / 737円
  • 9:627円 / 660円 / 737円
  • 10:627円 / 660円 / 737円
  • 11:627円 / 660円 / 737円
  • 12:627円 / 660円 / 737円
  • 13:627円 / 660円 / 737円
  • 14:627円 / 660円 / 737円
  • 15:627円 / 660円 / 737円
  • 16:680円 / 715円 / 790円
  • 17:680円 / 715円 / 790円
  • 18:680円 / 715円 / 790円
  • 19:680円 / 715円 / 790円
  • 20:732円 / 770円 / 842円


〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

2.5次元の誘惑 祝!連載5周年!!

2.5次元の誘惑( 略して「 にごリリ 」 )が漫画連載5周年を迎えました!

それを祝して色々と企画が発表されましたが、その中でも1話から80話まで無料解放企画が熱い!

ジャンプ+とゼブラックが対象なので、これから読もうか迷っているなら是非どうぞ。

無料で読めるのは期間限定で、今月30日の23時59分までとなっております。

ちなみに80話はコミックスで言うと10巻の最終話に当たります。

にごリリ1話〜80話まで無料解放・終了まで残り 時間

投票自体はXの公式アカウントをフォローすれば誰でもできます。

投票結果をXでシェアした人は抽選で250人に原作者・橋本悠先生描き下ろしのリリエルアクスタが当たります。

私もアクスタ欲しいのですが鍵アカなので外すか迷い中・・

投票はしましたよ。

色々と悩みましたが投票は1日1回できるので、少なくとも最終日まで全部可能だからよし。

2.5次元の誘惑 端的に言うと・・

深い!あらゆる点で面で深すぎる内容。

読む人がオタクかどうか、オタクに向いてるかがよく分かる漫画。

名言が多い!ものすごく多いので、あらゆる人の心に刺さる。全方位的に死角なしっっ!

( 参考:2.5次元の誘惑 グッとくる名言 まとめ 【ネタバレ注意】

2.5次元の誘惑 率直な感想

コスプレをこんなに熱く語る漫画、今まで無かった気がする。

普段コスプレやオタクに否定的な人でも多分、そう思ってしまえる久しぶりに良い作品なのでは。

ハッキリ言うならば秀逸、至極、至高にして至幸、幸甚の極み。

語彙力ないのでそれくらいしか思い浮かばないのが悔しいところではあるけれども、私はこんなに愛の詰まった作品は読んだこと無いですね。

この漫画は泣ける! と申しますのはですね、

  • コスプレ愛やガチオタの生態が異常な程ガチで描かれていて、
  • それを目の当たりにした陽キャや一般人はほぼ確実にドン引きしてしまいそうな内容であるにも関わらず、
  • 実はそれぞれのガチオタ( 登場人物 )たちに相当な苦しみや悩み、葛藤など海よりも深い過去があり、
  • それを克服したり解消したりという人間ドラマもふんだんに出でくる。
  • それが、読む側にも思い当たる内容であれば、
  • 瞬時に過去の自分と照らし合わせて二重に感極まるとか、
  • こんな事言われたら嬉しくて泣いちゃう!と目頭を熱くしながら読む場面が多々あり、
  • 随分と読むのに時間がかかったので
  • 私は過去一で好きな漫画です。

・・・というわけですよ。

老若男女問わず、どちらかというとマイノリティ側にいる人にはもれなく全員に読んで欲しい。

ものすごく熱いメッセージがこれでもかと言わんばかりにぎっしり詰まってるから

何事も一生懸命って良いよねと思える素晴らしい作品。

そう言い切ってしまえる内容。

2.5次元の誘惑 コミックス各巻ごとの感想 【 ネタバレあり】

ネタバレありと銘打ちましたが、基本的には新たな読者様(あなたのことですよ)に実際に読んで世界観を体感ほしいので、あまりめちゃくちゃ書いたりしてません。

ほんのさわりだけ。

登場人物の項目は、初登場した段階です。

ただし、名称が伏せられている場合はその段階までの名称だったり、こちらが勝手に命名してます。あしからず。

オタクとコスプレ、リリエル物語

奥村とリリサと橘 美花莉…第一次接近遭遇物語。

高校生の奥村は3次元の女に失望したことで、自分を絶対に裏切らない漫画のキャラクター・リリエルに恋い焦がれる痛いオタク。

誰からも嫌われているハズだったのに、コスプレをこよなく愛する天乃リリサの入学により事態は一変する。

エロ可愛い女の子のROM製作の為、自分と同類の奥村にカメラ撮影を懇願し快諾されるところから物語は進展していく。

オタクとコスプレ、リリエルとROM、こちなみにちょっとおさらい。

  • 3次元:人間
  • 2.5次元:漫画キャラクターのコスプレをしてキャラクターになりきった人間
  • 2次元:漫画

少年漫画に必要不可欠なエロ要素が満載で、序盤からエロい目線で読んでしまいがちだが、実は非常に奥深い人間模様が繰り広げられていく「 現代人の様々な悩みに寄り添う、究極のドキュメンタリー作品 」と言っても過言ではないだろう。

物語自体はフィクションだが、読者諸氏の胸を打つ珠玉のストーリーがてんこ盛りだし、様々な名言も頻繁に出てくるので個人的には 道徳の教科書 として学生時代に読んでおきたかった秀作とさえ思える。

登場人物

奥村、天乃リリサ、橘美花莉

美花莉物語、リリサ コスプレデビュー

一途でマトモな美花莉がかわいい。

オタク共に毒されていくのは笑えるけれども。

完璧なリリサのリリエルが、コスプレイベントで初披露。

奥村に駆け寄るリリエルは一見の価値あり。

オタクの純粋さが分かるかも( 全員ではないだろうけど )

登場人物

Magin ♪ 、オギノ、アキト達、エルフのお姉さん、綺麗な先生

まゆり先生物語、エリとまゆら、四天王・753♡ 物語序章

のっけからメイドカフェ。もうニヤニヤが止まらない。

こんなメイドカフェがあったら女の子達が危険すぎる。

こころなしか奥村がイケメンに見える。

オギノ氏による写真撮影の話、奥が深いなと感心した。

コスプレ四天王である、まゆり先生の話と753♡の話は、共感しっぱなし。

鬼気迫る表情で話す様が、私は特に好きだな。

巻末・エリとまゆら様のイチャイチャシーンは、綺麗です。

エリの表情がとてもかわいい。

登場人物

まゆら様、生徒会長、マッチョのオカマ先生、羽生まゆり先生、753♡、エリ

リリサ奥村物語、四天王・まゆら様、753♡物語前編

リリサと奥村の話は、迷いと自信喪失。

まゆら様は先人の知恵的なスパイス。

対して、好きなことでプロになりスポンサーがついてお金を稼ぐ。

社会人ならおそらく一度は悩む人生の選択肢。

それを叶えた753♡ の涙腺崩壊物語。

学校の進路指導室にでも常設展示しておいてほしい位の濃い内容

登場人物

まゆら様、753♡のマネージャー?、プロの仕立て職人

753♡物語後編、色々な絆、校長、生徒会長、ノノア物語前編

登場人物

ノノア

ノノア物語後編、ノノアとアリア異文化交流、アリア物語序章

登場人物

喜咲アリア、チカちゃん、

何故か6巻だけ発売記念PVがあるので貼っておきますね。

ジャンプチャンネル公式 『 2.5次元の誘惑 』6巻発売記念公式PV ( 2020年9月4日 )

様々な絆の物語

序盤から美花莉の恋する乙女っぷりが際立つ。

男子ってこういう女の子好きなんだろうな〜というのが、今片思い中の女子には参考になるかも?

対してリリサは、コスプレ制作にかける自身の熱い情熱が語るシーン多し。

コスプレ衣装を自作する人は共感するかも( ものづくりする人も )。

そう考えると、例えばV系アーティストの衣装を写真や動画等を見て作る人とは難易度が違うかもなと。

2次元の作品を3次元に起こすとか、相当センス問われると思うし大変そう。

革や化繊をボンドと鋲でどうにかしていた私とは次元が違うので、えなこさんとかセンスある自作コスプレイヤーの皆さんを尊敬してしまう。

リリサのコスプレ衣装に対する熱量がすごいなと思うよきっと。

プリーツスカートが面倒だとか、エナメルは縫い直しがきかないとか、普段何の気無しに洋服を買う側としては初めて知ることだったりするので、ああそうなのかと服の製造に関わる人たちに思わずありがとうと言いたくなってしまう。

あと個人的にはリリサの作る衣装がこだわったものだと思える最たる理由の一つとして挙げるけど、原作と同じ位置にシワを作る『 シワ道 』が、「 DEAR BOYS 」や「 G-TASTE 」、「 二人におまかせ 」などの作者・八神ひろき氏を彷彿とさせてしまう点が、こだわりが強くて好き。( にごリリとは全然無関係な漫画の話ですけれどもね )

何だろう、この巻はいろんな個性を持った人間が、縦横無尽に個性を発揮してて笑う。

例えば不器用なギャルがもう作るの面倒・諦めたいとしょんぼりしているかと思いきや、隠キャ女子がみんなとファミレスに行けることにテンション爆上げとかさ。

ここまでの感想、まだ13ページしか読んでないです。

そう考えると濃い。7巻に限らずこの漫画は濃厚すぎる。

確実に言えるのは、エロ目的の男子や暇つぶしにサラッと読みたい人には不向き。もう圧倒的に。

突き詰めたら1冊読むのに、膨大なエネルギーが必要。

特にあらゆる角度から読み込んでしまい、四方八方に思いを張り巡らす私みたいな読み方をする人にはしんどいかも。

今日は一日ヒマって日じゃないと高確率で睡眠時間なくなる。

だからいつも感想ブログ書くの遅いし、文の内容がめちゃくちゃなのよ( ただの言い訳 )

登場人物

アリアのママ、キサキ先生、キサキ先生のアシスタント、レモン&ライム、

家族愛、オタクが神聖視する漫画の作者にファン代表状態のオタクがぶつける渾身の言霊。

そんな盛り沢山な神巻。

にごりりを代表する内容の巻だと言っても過言ではない。

もし全巻読むのがしんどい場合、7〜8巻から入るのも十分あり。

まあでもタイパとか気にしないのなら1巻から通して読んだほうが心に響くかと。

ドン底を味わったことのある全ての作り手に特に読んでほしいかも。

あと四天王・淡雪エリカ登場!

登場人物

若い頃のアリアパパ&ママ、淡雪エリカ、小雨( シャオニー )、

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

漫研・夏合宿物語

奥村が人間としての感情を取り戻す神巻

7〜8巻とは別の神巻。

神巻だけれども、どうせなら1巻から9巻まで通して読んでほしい。

そうすることで感動もひとしお。

この巻だけ読むときっと後悔しちゃうかも?

ちなみに夏合宿、女の子たちの水着姿が拝めます。

奥村は完全にハーレム状態なはずなのに・・。

登場人物

龍造寺虎治郎(生徒会書記)、安部まりな(生徒会副会長)、瀧翠理(生徒会会長)、生徒会、風紀委員会、風紀委員長

生徒会副会長・まりなが本当の自分と偽りの自分との葛藤状態に長年苦しみ悩む物語。

普段、オタク趣味を隠して社会生活を送る私やあなたみたいな状態であり、モヤモヤし続けているのなら10巻を丸々一冊読み終える頃には爽快感が味わえること請け合い。

二面性に苦しむ生活を送っている貴方に贈る、神巻。

余談だがノノアが異常に面白いと思うのは私だけであろうか?

久しぶりに声出して笑った。

登場人物

表紙の女の子が誰なのか、素でわからなかった私はきっとどうかしている。

よくよく見るとミラーボールだし、やはり紙の本を手にしてまじまじと見ないと細部までは気付かないのだなと悟った。

この表紙はいつにもまして綺麗だよ。

普段セミカラー推しだけれども紙の本も大事。

良い作品だけに、一層そう思えてくる。

文化祭、中間テスト、冬コミの準備。

想像してごらんよ、にごりりでこのワードだぜ?

面白くないわけないだろ。

名言たくさん。

ただカラオケの各種レパートリーが作者と私では世代が違うようで。

分かるのもある気もするが検索しないとほぼわからなかった。

もっとも、私アニオタじゃないし漫画からも離れていた期間長いのもあるか。

私と同世代のガチオタ共に訊いたらすんなり答えてくれそうだが。

第84話・生徒会長 瀧翠理の『 瀧ミドリの憂鬱 』言わなくても分かるだろうが、ここは敢えて言わせてくれ。

涼宮ハルヒの憂鬱 』とかけてあるぞ。

瀧ちゃんがとてもかわいい。

冬コミ準備の話では、ソシャゲがやりたくなってしまう人がいるかもしれない。

かくいう私がソレだ、まあ鬼の精神力で耐えてみせよう。

ダラダラ長く書いたけど、感想になっていない?

登場人物

四天王・夜姫登場。

名言たくさん。

やり込み系ゲーマーだった人、またやりたくなっちゃうかも?

1冊まるまる冬コミ編。

もう正直、神巻とか書くのも面倒。

ものづくり業界・中の人が抱えこんでいる仕事上の表と裏が少し分かるかも。

奥村を取り巻く恋愛事情も、徐々に進展中。

登場人物

リリサ次の夢、四天王・まゆら様物語、JKまゆエリ編

体育祭恒例の行事、部活対抗リレー。

漫研は往年の名作『 トップをねらえ!』で臨むことに。

念願のROM完成と打ち上げ。

セミカラー版ではプールのシーンがフルカラーで、空と水がとても綺麗。

お待ちかね、まゆら様物語が始まりました。

何かのために好きな物事を犠牲にしたことがある貴方なら、きっと共感できるかも。

銀ルーク
銀ルーク

『 トップをねらえ! 』舞台が西暦2015年なんですよね。

当時は遠い未来のように感じていたけど、あっという間でした。

『 超時空要塞マクロス 』とかと同じで西暦で近未来だと後年がっかりしませんか?

かと言って『 聖飢魔II 』みたいに魔暦とかだと、とっさに時系列判断できませんからね。

それはそれで不親切かも…難しいですね。( 魔暦元年 = 1999年、西暦2024年 = 魔暦26年 )

でも『 トップをねらえ!』のいい所はラストシーンで、スケールが半端ないので大好きです。

いつ見ても目頭が熱くなる名作というか傑作。

【 トップをねらえ! 】1988年のSFロボットアニメ。GAINAX初のOVA作品であり、庵野秀明監督の商業作品としては初の監督作品として界隈では有名。
2023年がシリーズ35周年ということで5月から劇場上映された。
また『 トップをねらえ!Blu-ray BOX 』が発売され初回限定版は完売、根強い人気がうかがえる。
また同時に搭乗ロボット:ガンバスターもCCSTOYS「鉄魄(MORTAL MIND)」シリーズで合金可動フィギュア化され12月から発売開始。

【 登場人物 】主人公:タカヤ・ノリコ( CV.日高のり子 )、通称「お姉様」:アマノ・カズミ( CV.佐久間レイ )、ユング・フロイト(CV.川村万梨阿)、オオタ・コウイチロウ(CV.若本規夫)など。

登場人物

シスターワック、魔王デミグラス、家庭科の先生( 新 )

読んでみる

2.5次元の誘惑 ジャンプ+ コミックス化していない各話の感想 【 ネタバレあり】

20巻が7月発売ということでそれまで待てない私。

GW中だった事もあり(5月5日未明 )唐突ながら、おもむろにジャンプ+でタダ読み出来ないかと検索。

160話と161話が読めることが分かり、19巻が151話で終わっていること・152話から未読なれど多分それは160話には影響しなさそうだったので読むことに。

( 実際は思いっきり影響していたので、コミックス化してからでしか読みたくない人は要注意です )

160話はエリ編。

一言で言えば、恋する乙女がそのまま大人になったのがエリ。

良く言えば大好きな人のために健気にも一生懸命、悪く言えば自分が無い?。

いや本当は一途なのよね、それは分かるんだけどさ。

これは自分勝手な振る舞いをし続け、散々自分が付き合っている相手を振り回す身勝手な側の人間が読むべき内容。

私は思わず読みながら「 すみません 」と謝りたくなった、今まで振り回してきた全ての人達に。

でもそれは160話の前半までの感想。

後半は、「 ちょ待てよ 」「 勝手に結論出すな 」そんな内容。

他人の気持ちなんて想像するだけ無駄

160話はそれに尽きると言っても過言ではない。

と、私が今までに散々振り回してきた人達にも言いたくなった。

そこまで追い詰めてしまった側の人間が言うべき内容ではないけれども。

お待ちかね、まゆり編。

こっちも一途。

でも自分の気持ちに悩み、勝手に諦めて自分勝手な答えを出す側。

これは散々振り回す、自分勝手な相手の気持ちが全くわからず苦しむ、そういった全ての人に読んでほしい内容。

個人的な話で恐縮だが少なくとも私の場合は、自分勝手に振り回してきたおおよその理由が161話に書いてあった。

まあ全てではないけれど、多分みんなもそうなんじゃないのかなと憶測で感想を書いてしまっている。

そんな馬鹿な我々が、後悔している君こそが読むべき。

我慢するのをやめ、本当の心情を言い放ったまゆりが私は大好きだ。

愛か、見習いたい(今更?)

羽生まゆりとして生きるか、まゆら様として生きるか。

出した答えにエリが男気を見せ、養う宣言。

他人や世間体ばかり気にして、本当にやりたいことや言いたいことは我慢して心の奥底に封印するのは、そういう性格だから。

そうだよね?( 個人的にまゆら様の心情は理解できる )

突き抜けた存在感を放つ753やエリ達が、羨ましく思える。

リリサ・エリ・まゆら様の三人で撮ったプライベートな記念写真、とびきりの笑顔に癒された。

すごくいい話だった。

夏コミ二日目。

なんとなく普通に、昔のコミックス初期巻の頃の平和なコスプレ大好き少女達による、ほのぼのとした回だなと思っていた。

だがラストに名前だけ登場。

来週に期待。

ただ、見開きカラー表紙が良い感じ。夏!って感じで。

2.5次元の誘惑 読むときの注意点

序盤はエロ要素が多めなので…

コミックス最初の数冊はお色気満載なので、第三者からの勘違いを生まぬよう一人でいるときに読んだほうが無難です。

ただ、4巻あたりから徐々に各キャラクターごとの人間ドラマが読めるようになるのでここらで好き嫌いが分かれるのかもしれません。

もしもエロ要素だけなら私は買ってないですし。

これは1回読んで終わりという程度の作品ではありません。

2.5次元の誘惑 ジャンププラスで連載中

ちなみに1話はこんな感じですので。


SHARE