MAJEXTANDの感想【MacBook系統のノートPC用折りたたみスタンド】

MAJEXTANDパッケージ画像

きっかけは、とあるユーチューバー自身が使ってよかったものとして紹介していたから。

それまでは私、机に直置きしていて排熱の問題でよくフリーズし困っていたので買うことに。

結果的には買ってよかったけど、ノートPCに貼り付けるのが結構手間でしたね。

なぜ手間なのか?

私のノートPCはMacbook Proなのですが、シンプル・イズ・ベスト然としている訳ですよmacの筐体が。

そこに正方形の平らな金属プレートを縦横きれいに貼り付ける・・

これは難易度高いです。

「不器用な人は覚悟して臨んでください」と、そうパッケージに明記してあってもおかしくないレベルの商品なので個人的にはあまりオススメできません。

が、かっこいいのは確かです。

ちなみに、パッケージの裏面はこんな感じ。

MAJEXTANDパッケージ裏面の画像

オシャレなパッケージを開封してみたら

開封の儀

MAJEXTANDパッケージ開封の画像①

全く無駄がない。パッケージの段階から既にオシャレでしたが、開封してもやはりオシャレだと思います。

更に続く開封の儀

MAJEXTANDパッケージ開封の画像②

あれ?今気づきましたが、丸いクッションも添付されていますね・・

アルコールペーパーはノートPCの底面を拭くためのものです。

2本の黄色い線は、両面テープです。

やばい!縦横きれいに貼らないと。

しばらく悩んだ挙げ句、開き直ってノートPCの底部分に鉛筆で正確なタテ横の線を引いてました。

排熱口はマスキングテープでふさぎ、基準となる縦の中心線を割り出して線を引きました。

これはもう誰にも見せられないなと少し残念な気持ちになりながら、基準となるタテ線に金属プレート(MAJEXTAND)を垂直平行が真っ直ぐになるように合わせて、貼り付ける位置を割り出しました。

割り出したら、動かないよう仮止めをしながらまた、悪夢の鉛筆での線引きです。

ノートPCの底面に鉛筆で線を引き始めた画像

そのやり方は、あらかじめ金属プレートの一辺の長さを計り、割った数字分を中心線から導き出して辺ごとに2箇所ずつ点を打ち、定規で左右線を引いています。

外側2本のタテ線に合わせて金属プレートを置き、貼る位置を決めたら仮止めしてから上下に横線を引きます。

配置場所を決めてから横線を引いた画像

きれいなmacに鉛筆で線とか、内心は今でもイラッとするんですがマスキングテープや糸での正確な縦横線の割り出しは、もっと面倒くさかったので開き直るしかありませんでした。残念ながら。

MAJEXTANDをノートPCに貼り付けるため、添付された両面テープをまずMAJEXTANDに貼った段階の画像

金属プレート裏面に付属の両面テープを貼り付けてからノートPCに貼ります。

この時、MAJEXTANDの貼り方を紹介した動画があるか探せば良かったなと今は思います。

紙の説明書だけでは不器用な私にはちょっと荷が重い。

MAJEXTANDを紹介していたユーチューバーに問い合わせようと思ったんですが誰だったか失念、履歴も削除済みで残ってないしでお手上げ。

ノートPCの底面にMAJEXTANDを固着完了済みの画像

「消しゴムで消せば?」

はい、それは考えました。

消えづらいんです、なぜか。

消えても消しゴムのカスが散乱し、排気口に入る恐れがあったのでヤメ。

結果、今も私のノートPCには鉛筆線が引かれたままです。

しかも、なぜだか金属プレートを両面テープで貼り付けた際、若干ななめになりまして・・

両面テープは3M社の強力なものなので、剥がすのが面倒くさい。

予備の両面テープは付属しているのですが、やり直して失敗したら目も当てられないのでそれは回避。

これで完成ではないんです。

ノートPCをスタンドアップさせた時、キーボードがある側の下角(机との接地点部分)に、クッションを左右一対に貼らないといけないんです。

重要・クッション貼り付け

ノートPCの下角に貼り付けるクッションの画像

この作業、私は失敗しています。

予備は無いので貼り直し不可で諦めていますが、左側が机との間に隙間ができ若干ガタガタします。

macにある横線をまたいで角に合わせるべきか否か、これはmacに元々ある丸クッションを完全に覆って貼らないといけないのですが、私は両方とも横線はまたがず、横線に沿って貼り付けており、左右ともに横線から0.1ミリ位ずつはみ出ているのですが、なぜだか左側のみ5ミリ位浮いてます。

今後これはなんとかしたいけど、まあいいかとも思ってみたり。

なぜなら、クッションだけの問題ではないのかもしれないから。

そうです、金属プレート貼り付け段階でも実は失敗しているので。

「若干ななめに、、」これが原因かもしれないからです。

冒頭で発見した丸いクッションが、まだ残っていたら応急処置ができるのかも?

もう捨ててしまったらしく、ありませんでした。

でもとりあえずは、しょうがないのでこのままです。

まあ不器用な私でも、多少ななめになったとしても、快適に使えています。

まだ、5月以降の排熱フリーズ問題に直面していないので、その検証は後日追記させていただきます。